S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ライフログ
昔の名前
今日は17~8年前から名前は存じ上げていた
ヨガの行者の先生の体験教室に行ってきた。

体験教室だから先生とはお目に掛かれないだろうと思いきや、目を閉じて仰向けになるポーズを終えて目を開けたら、先生が目前にいて驚いた。

ここに来るまでずいぶんゆっくりした歩みだったが、
体を動かしながら、それでよかったのだなと思った。




きっと前の私だったら、体験の中に静かに入ることはできなかった。
一つ一つの動作に意味づけやジャッジや判断や・・・
とにかくいろいろな想いが湧いただろう。

静かになることを覚えてきて、
私は今日この”本物”の先生に出会ってきたのかもしれない。

「 本物 」

そういう言葉がお会いしてたときに湧いた。


去年の12月からホソボソ続けていた女性専用のフィットネスをやめて、こちらのヨガに通うことにした。月謝は一緒くらい。

じっくりゆっくり観察的に体を動かし、身体の内部で起こっていることの違いを丁寧に感じる。フィットネスで油圧式のマシーンを動かし筋肉を意識するのも楽しかったが、断然今の私にはヨガ的内察があっている感じがした。

体は硬い。ポーズの完成までは程遠い。けれどもそれでいいと思った。今ここから始めればいいだけだし、と。

そういう自分を励ますセンスはNLPで培ったのだろうなと思う。
ポジティブにしているわけではない。無理はしない。
自然な事実を観察して自分にフィードバックしているという感じだろうか。

だから今の私はヨガがいいなと思った。
フィットネスはコーチング的に目標を作って前進していくスタイルだった。
その効用はよく分かるけど、今の私はもっと淡々と内省的に深く洞察できるほうがいい。

好みの問題だ。

そしてその会員登録に昔の名前を用いた。
旧姓。

ある人に数秘を見てもらい、旧姓のエネルギーは一生持つと聞いた。

私は辛すぎた時代のその名前を捨てていた。
離婚しても戻らなかった。
戸籍からも外れて、誰のためでもない苗字をなのっていた。
強いて言うなら息子と同じ苗字であったのが救いだ。

それは過去を否定したかったのだと思う。
旧姓を背負うのは二度といやだと思った。
死んでも墓に入ることなく、どうか海に撒いて欲しい、と思っていた。
海洋葬が30万くらいでできるというのを何処かで知っていた。

今でもそれへの想いは変わらないかもしれない。


母と連絡を取らなくなって5ヶ月。

振り回されののしられる言葉を聴かなくなり、私の頭が静かになってきたのを感じる。

そして症状にまつわるいろいろを自分の問題として取り組むことを改めて感じてきている。

自分の人生を今ここから。

もう母を否定するのでも憎むでも呪うでもない。
ただ淡々と母がいて私が生まれた事実が存在する。
それに脚色をつけることも美化することもない。

いろいろな事に世話になった。
肉体が生きているのは母のおかげが大きい。

同じくらいの苦しい憎しみと悲しみを宿し、
命のギリギリを欝の中で淀みながらなんとか生き延びてきた。

原家族。
生きていれば喜びもあっただろう。
だがそれは緩やかな落ち着くことのできる心の状態があって理解できるように思う。
いろいろなワークの中でひと時その感覚に目覚めても、それ以上の大きな背景的体験が揺さぶりとなって、より大きな苦しみを想い抱かせた。
そしてわかっているのにでできない自分、という新たな苦しみが生まれていた。

前に進むのをやめるまで、苦しみ続けていたのだなと思う。

パラドックスだ。

ヨガの体験では内省的に自己洞察を繰り返し、微妙な自分の中心のずれを、あえて軸からずらす事で敏感に感じさせたりした。5mm~1cmの範囲で自分の中心をずらしながら観察。微妙に動きながら呼吸を続けながら。



母と私。

それはフィットネスとヨガくらい違う。

実際フィットネスにいる明るい感じの活発な年配の女性たちは母を思い起こさせた。そういう人の傍だと私は静かに自分を閉じていくのが分かる。大人しい女の子みたいになってゆく。

今日のヨガは気楽だった。マイペースで静的で少し気を使いあっている感じ。無言のなかに膨らみがあるコミュニケーションを感じた。

自分に合うところに行けばいい。
当たり前のことだけど、今、すっと体に入る。

それは昔の名前を受け取りなおしたからだとも思う。

辛く苦い時代を生き抜いたこの苗字には、私の生き抜いてきた力が宿っている感じがする。
絵を描いていたこと、趣味に夢中になっていたこと、ヒーリングや鍼や占いや、大好きなものに没頭する力があった。語りつくせぬ体験がこの苗字の時代に詰まっている。

戸籍には存在しない昔の名前を、私だけのために復活させようと思った。
そしてヨガの会員証は旧姓だ。

もう
自分で自分を消し去るようなことはしないようにしよう。

ファミリーコンステレーション的には、
私は自分の位置に戻ってきた、ということなのかもしれない。
だからエネルギーが流れてくるのかもしれない。

静かに自己内察してみよう。
このエネルギーの微かな動きを。
[PR]
by olivelight | 2010-05-20 17:03 | 感じたままに
<< 山手線@ワインレッド傘届け@秋葉原。 旅先の喫茶店風。 >>