S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ライフログ
レメディ覚え書き 01
f0108149_5573546.jpg

筋反射で選んだ

説明を読むと
ナルホドナー
などと思う

インパチエンス
ウィロー
ホワイトチェストナット
レッドチェストナット
ミムラス
チコリー
クラブアップル


多い気もするが、筋肉のままに




クラブアップルは浄化のレメディーでもあるという。

先日のラストーンセラピーという石を使ったボディトリートメントでは、アロマオイルにジュニパーとローズとフランキンセンスを選んだ。セラピストの人は私の予約を受けたとき「ジュニパーが浮かんだんですよね」と言っていた。

すっかりオイルの効能を忘れた私は(元アロマセラピスト^^;)それを尋ねた。
「体内の水分や色々なものの排出ですね・・・ざっくりですけど」と仰りながら教えてくださった。

自分としては、不要なものがあるとか、手放さなければとか言う思いはない。
ましてや不浄であるとは思っていない。

だが浄化マイブーム中らしい。
きっと、なんかこう、軽くなるということなのかもしれない。

確かに今の私はいちいち重いかも。
不思議なほど重いかも。
だがきっとこれに抵抗したりあらがったりするのは答えじゃないって感じる。

たぶん、浄化って水が流れ続ける水流の清さみたいなものではないだろうか。

水が流れるところに流れる。

その流れへの働きが起こることが
浄化ってものだろうか。



不浄も清浄も個々の意味付けだ。


だが流れることそのものには何の意味付けもない。

それは現象だ。

しいていうなら物理的な法則があるだけだろう


そして目に見えぬエナジーにも流れがあるのだろう


不浄を清めるのではない
流れが流れるままに流れる働きを促すこと

それが
浄化というものなのじゃないだろうか








水と花のエッセンス




夜明けのなかで
その美しい水を飲む




心と体と魂に
清き水が流れる




まるでこの身は
あの自然の
小さき小さき小川のよう





命の流れが
せせらぎだす
[PR]
by olivelight | 2010-01-11 05:57 | 感じたままに
<< 施術用折りたたみベッドが138... 押上タワー建設中 >>