S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ライフログ
久々のフラワーレメディ
f0108149_919925.jpg


パッと手にとったのはラーチだった。
あぁ、これまさに飲もうと思っていた。

筋反射でホーリーも選んだ。

手元の1Lペットボトルに水が500mlほど入っていたので
そこに各々3滴ほど加えた。

おぉ、封を開けていないエマージェンシー(レスキュー)エッセンスも発見。
これ買いなおそうかと思っていたんだ。よかった。




猫の喧嘩が洒落にならないほど激しい今日この頃。
深い傷もレイキとアロマとホメオパシーでかなり改善された。
まるで身体を張った彼らにその効果を教わっているようだ。

そして最近ふと久々にバッチ博士の本を改めて購入した。
博士本人が著したもの。
昔、私がエッセンスに関心が高かった頃には発売されていなかった本。

純粋さゆえの厳しい表現も極たまに感じられるが
博士の魂から出た言葉が、一つ一つの文から丁寧に伝わってくる。

自らの心と魂に寄り添い
繊細に強く生きられた方のように感じられる。

昔、他の博士の本を読んだときよりもそう感じた気がするのは
私の中にも変化が起きているからだろうか。



フラワーレメディーズ ウィズダム―花びらの癒しの手紙、心への返信

エドワード バッチ / 中央アート出版社




一人の医師がその道を手放し、
自らの魂が求める花の持つ本質的な癒しを選んだ時
それが彼がなくなった後も世界中に伝わり
ここにいる私をも癒そうとする。


魂の道を選ぶとは
そういうことが起こるということなのかもしれない。


世界を抱こうとするならば
己の魂を抱け
ということなのかもしれない。



本の受け取り方は人それぞれだが。



ふと開けた62ページの言葉を引用してみる。



  健康とはありのままの自分を実感することです。
  すなわち、わたしたちは完全であり、神の子であり、
  すでにもっているものを求める必要はなく、
  存在のはじめから得ているその完全さを、
  物質世界に現すために
  ここにいることを実感することです。
[PR]
by olivelight | 2010-01-07 09:19 | 感じたままに
<< 押上タワー建設中 i phone 待ち >>