S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ライフログ
貴方の声を
貴方の声を聴こう

忘れ去られた歴史のような
誰にも気にとめられぬほどの
そのささやきに

音量をあげてはっきりと聞こう
聞けば辛くなっていた日々を学びに変え
成長の暁がここに開ける

貴方の声を聴こう
分かったような解釈は入れるまい
前向きな変化などさせぬ

貴方のままに語ってほしい
そうなれるように私も成長してきた

子どもよ
わたしという幼き日の痛みを生きてきた子どもよ
貴方が語りたかったことを語って欲しい

知的欲求に突き動かされ
親にののしられ殴られても
理由を求めたあなたを
私は護ろう

わたしは今ここから
貴方のその姿勢に敬意を払おう

逃げるということを知らなかったという愚かさを
本質への強い誰にもとめられぬ知性の輝きとして
私はあなたの本質をしっかりと受けとめよう

求めていい
どこまでも果てしなく
貴方の欲しがる理由を

妥協なきまなこを
もう一度光らせ
貴方の要求を追及するがいい

親に求めて得られなかった
不当な扱いの理由を
親に間違っていると反抗し続けた魂を
その否定をずっと受け続けた生活を
生き抜いてきた貴方の底力に敬意を払って
私はあなたを応援しようと決めるから

だって貴方は
私の子ども時代
今も生きている私の尊き土台

誇りを持って生きていい
誇りを持って存在していい

親に否定され続けても
貴方は誇りを持って生きていい

私は成長したのだから
あなたを受けとめようとすることができるほどに
私は学びを深めたのだから

誰のためでもない
貴方は貴方のために生きていい

貴方の力を生きぬいていい

その為に変わってゆくものがあるなら
それも受けとめながら

いい子になるのではない
あなたになればいい

誰かに認められようとしなくていい
あなたであればいい

分かってもらわなくても心配しなくていい
貴方が存在していることは変わらない

するといつしか
分かってくれる人に出会う
そんな日が来るのだから

あなたは
自分の尊さを抱いて
今ここを生きればいい

今ここを
抱きながら

貴方の声を
少しづつ

貴方の言葉で
語ればいい

生涯を掛けて
私は聴こう

私が貴方の母になろう

私の子ども時代の母に
私がなるから
貴方はもう安らいでいい

子どもは子どもであればいいのだ
むしろそれが重要なのだ

貴方の声を
聴かせて欲しい
[PR]
by olivelight | 2009-07-16 00:08 | 言の葉
<< 7/16 22:00~22:4... 夜ゼリー勉強味 >>